このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーテクノロジーズ株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

包装試験装置の紹介

三方向切換式振動試験装置

輸送時に発生する垂直及び水平方向の振動を再現する装置

  • *包装貨物の規格振動試験及び輸送再現試験
振動数範囲 3~200Hz【ランダム波】
加負荷時最大加速度 19.6m/s2(2G)【正弦波】
11.6m/s2rms(1.2Grms)【ランダム波】
振動台寸法 1,500×1,500mm
供試品最大寸法 1,300×1,300mm
供試品最大質量 350kg
画像:VTS 三方向振動試験装置

水平衝撃試験装置

包装製品が、流通過程で受ける水平方向の衝撃を評価する装置

  • *輸送中の貨車の連結・パレットマーシャリング等の再現試験
  • *製品の水平衝撃強さ試験及び輸送再現試験
  • *製品回収時の裸輸送試験等
衝撃波形 正弦半波・台形波
最大加速度 954m/s2(97G)【正弦半波】
(最大質量350kg時)
最大速度変化 3.72m/s
衝撃作用時間 約3ms【正弦半波】
12~120ms【台形波】
供試品最大寸法 1,220×1,220×1,190mm
供試品最大質量 350kg
画像:HITS 水平衝撃試験装置

垂直衝撃試験装置

流通過程における包装された製品の落下衝撃及び、製品単体での製品強度を評価する装置

  • *包装貨物の落下衝撃強さ試験及び輸送再現試験
  • *製品の落下衝撃強さ試験
  • *製品回収時の裸輸送試験等
衝撃波形 正弦半波・台形波
最大加速度 3,500m/s2(357G)【正弦半波】
900m/s2(92G)【台形波】
最大速度変化 4.6m/s
衝撃作用時間 6~39ms【台形波】
衝撃台寸法 1,050×1,050mm
供試品最大質量 320kg
画像:STMB/STMS 垂直衝撃試験(大、小)

自由落下試験装置

包装された製品の落下強度を評価する装置

  • *包装貨物の落下試験及び輸送再現試験
回転腕台寸法 200×320mm
設定落下高さ 250~1,200mm
鉄床面寸法 1,600×1,050mm
供試品最大寸法 1,000×720×1,000mm
供試品最大質量 70kg
画像:FDT 自由落下試験

圧縮ひずみ試験装置

倉庫保管時の段積みによる耐圧強度を評価する装置

  • *包装貨物及び容器の圧縮・クリープ試験
最大荷重 ±75kN(動的±50kN)
最大ピストンストローク ±100mm
供試品最大寸法 1,200×1,200×1,300mm
画像:CCT 圧縮クリープ試験装置

環境試験室

保管環境及び輸送中に受ける、温湿度環境で供試品を調湿し、温湿度環境を再現した状態で評価する装置

  • *供試品の前処理(調湿)
  • *恒温恒湿環境下での圧縮・クリープ試験
  • *恒温恒湿環境下での包装貨物落下試験
  • *恒温恒湿環境下での緩衝材の動的特性試験

材料調湿装置

温度範囲 15~40±2℃(室内平均)
湿度範囲 40~90±5%RH(室内平均)(at 20~40℃)
温湿度分布 ±2℃/±5%RH
室内寸法 2,700×3,600×2,700mm

恒温恒湿室

冷凍方式 水冷単段冷凍方式
温度範囲 20~23±2℃(室内平均)
湿度範囲 60~65±5%RH(室内平均)
温湿度分布 ±2℃/±5%RH
室内寸法 5,400×7,200×2,700mm
画像:HAC HHC 環境試験室